bio


自然環境、音、そして人間とコンピュータの相互作用という3つの分野の交差点で創作やリサーチ活動をしています。

また、音の分析から空間や体験を含めた情報を元にオーディオ・ヴィジュアル作品を創作しています。また、語られる物語や特定のサイトのためのサウンドスケープ構成に焦点を当てて、デジタルテクノロジーを拡張します。音や言葉から生じる感覚、精神性を発見して視覚化し、生物や無生物、それらがもたらす出来事を導き、それを経験しようと試みています。

現代科学が始まる前は、「音」はどのようにとらえられていたのか。探究の過程で、私は古代インドの哲学構造に出会いました。この哲学の理論的かつ実用的な要素の基礎は、「すべての宇宙と人間を含むすべては、サンスクリット語でナーダと呼ばれる音の振動で構成されている」という前提に基づいています。この概念は、宇宙を構成する物質や粒子よりも音の振動エネルギーを最も重視することを意味します。ナーダはまた、音への尊敬と反応の手法であり、宇宙の内側と外側との深い統合を促進するための潜在的な媒体と考えられています。

自然の声に耳を傾けることは、私たちのオリジナルのインスピレーションに耳を傾けることです。私たちの身体は自然です。ですから、自然に耳を傾けることは、自分自身に耳を傾け、自分たちが自然の一部であることを認識することです。これらを取り戻すことは、大きな課題だと思っています。

My practice will be at the junction of three areas : natural environment, sound and human-computer interaction. I will investigate methods for creation focusing on soundscape composition for narrative environment or specific site with extending high technology.

Before the beginning of modern science, how was “sound” captured? In the process of exploring, I met an ancient Indian philosophical structure Nada Yoga. The foundation of the theoretical and practical elements of Nada Yoga is based on the premise that “everything including all the universe and human beings is made up of vibration of sound called Nada”. This concept means to emphasize sound energy the most than substances and particles that make up the universe. Nada Yoga is also a method of reverence and reaction to sound and is considered as a potential medium to promote deep integration with the inner and outer universe.

Recently, I am doing audio visual live performance which designs visual information such as space and experience from analysis of sound. Discover and visualize sensory and spiritual nature of sounds and words, lead to living things and inanimate objects and the events they bring, and witness it with experiences.

To listen to the voices of nature is to listen to our original inspirations. Our bodies are nature. So listening to nature is to listening to ourselves, and recognizing that we are a part of nature. To regain all of those things… I think, is a huge task for contemporary art and music.